「BONES 骨は語る」シーズン4 第19話を見て

アメリカドラマ「BONES 骨は語る」シーズン4の第19話「天才物理学者の誤算」を見ました。
今回は物理学研究所が舞台ということで、専門用語がぽんぽんと飛び交っていて字幕を追うのに少し苦労しつつも興味深い内容でした。物理学の世界では名をはせている盲目の博士に、ブレナンが口説かれていたのが笑えました。スクインツ同士のカップルが果たしてうまくいくのかどうか、凡人にはとても想像がつきません。
そして、子どものようにはしゃいで実験を行ったジャックとヴィンセントが、爆発を起こしたり凍った鳥肉をアンジェラに激突させてしまったりと、暴走ぶりが面白かったです。カミールに怒られてしゅんとする姿がまたおかしくて笑いました。
また、迫力満点のアンジェラの父が再登場しましたね。娘を溺愛しているので、ジャックと破局したと耳にしてやってきたようでした。怒鳴ったり分かりやすく怒ったりしないので、かえって感情が読めなくて怖かったです。気を失っているうちにタトゥーを入れられてしまったジャックには、仰天しました。クレジットカード キャッシング 借り換え